人材マッチングや情報ネットワークシステムの分析からWEB構築まで総合力で顧客満足獲得を目指すウィンクル株式会社のホームページです。



社員教育

ウィンクル株式会社では、プロフェッショナル集団を目指すためのレベルアップ研修と幅広い教育体制で社員のそれぞれの各種資格取得支援からスペシャリストの育成など、意欲ある社員のレベルアップを最大限バックアップいたします。

総合力で顧客満足を目指します。

プロフェッショナル集団を目指す私たちウィンクル株式会社の社員教育は、入社前教育から新入社員教育・階層別教育・社内勉強会など充実した内容の教育体制で行っています。
社員それぞれの各種資格の取得支援からスペシャリストの育成にいたるまで、幅広い教育で社員のレベルアップを目指します。

入社教育  通信教育の受講、書籍の購読

新ビジネスマンに必要な基礎知識

  • 各自が目指す技術習得のための通信教育受講 (新卒者のみ対象)
  • 1人1台のパソコンを使い、Excel/Word/電子メール等のITスキル研修
  • 電気・電子・プログラム・ネットワーク・CAD/CAM等の基本的知識と理解

参考書等の購読

新人入社教育  演習を中心に、実践的な基礎能力を身につける

入社後2ヶ月間にわたり、先輩エンジニア直接指導のもと実施。

必要な業務知識を習得し、配属後安心して、すぐに活躍できるようなプログラム

  • 1.社会人教育
  • 社会人としての心構えとマナー
    • 【報告・連絡・相談】の徹底
    • 人前での発表の機会によってのプレゼン能力の向上
  • 2.技術協力
  • 協力会社の協力のもと実際のプロジェクトを(模擬)体験
    • 必要ならば講習への参加

参考書等の購読

技術者倫理教育  技術者にも倫理教育を

技術者教育を終了した社員は以下の行動目標を達成できることを狙いとします。

  1. 技術の発展に伴い、人間の『行為』の領域が拡大しました。従って、技術を実践する『行為者』である技術者には、新しい『倫理』が必要であることを理解できる。
  2. 技術的解決の結果が、社会や環境に与える影響の範囲と大きさを理解できる。
  3. 技術に関する意思決定を行う際に、考慮すべき種々の『価値』について理解できる。
  4. 技術者が担う特別の責任について、その歴史的背景を含めて理解できる。
  5. 技術を実践する上で発生し、技術者が直面する可能性のある倫理的問題を認識できる。
  6. 倫理問題を分析する手法について理解するとともに、それらの手法を種々の事例に適応できる。
  7. 倫理問題に唯一絶対的な解はなく、複数の視点が存在しえる事を理解する。

配属後のOJT  より実践的な実務としての仕事

  • 技術レベルに合わせ、進行中プロジェクトへの参加
  • 各技術関連知識や業務関連知識の習得、スキルアップのための資格取得を目指す。

段階別教育

各年度の昇格者が目的に応じたヒューマンスキル/マネージメント等の研修への参加

  • コミュニケーション能力の向上
  • 顧客対応管理の強化
  • 管理の基礎知識の理解